コラーゲンへの誤解

コラーゲンとは?美肌効果との関係
>
コラーゲンをとれば美肌になれる!というわけではない

コラーゲンをとれば美肌になれる!というわけではない

コラーゲンを摂ればキレイな肌になれると誤解している方も多いので
少し説明しておきます。
コラーゲンは身体を形成するタンパク質の一つで動物の皮膚、軟骨、すじ、骨
などに多く含まれています。
コラーゲンを使った商品も沢山あるので一度は聞いた事があるかと思います。
低分子化したコラーゲンペプチドを使った食品が有名ですね。

誤解していると言ったのは、コラーゲンは確かに大事なタンパク質なので重要なのですが、コラーゲンを摂ると、すべてが身体に吸収されるわけではない事を知っておいて欲しいのです。

コラーゲンは一度アミノ酸に分解

コラーゲンが体内にそのまま吸収されると思ってしまう所ですが、摂取したコラーゲンは一度アミノ酸に分解してから吸収します。

勘違いしてほしくないのは、なんだコラーゲンは意味無いのかと思ってしまうこと!
そんな事はありません。摂取したコラーゲンは確かに一度アミノ酸に分解されてしまいますが、吸収されたアミノ酸は体内でふたたびコラーゲンとなります。

何が言いかかったかというと、摂取したコラーゲンのすべてが肌に使われるわけではない事です。コラーゲンは軟骨や髪の毛など他にも使われているわけです。

同時に良質なたんぱく質を摂取する

一度アミノ酸に分解され、吸収されたコラーゲンを体内でもう一度コラーゲンとして
合成されるためには、サプリメントのコラーゲンだけでは不十分です。

コラーゲンの合成に必要なビタミンCのほか、
肌の真皮においてコラーゲン構造を支えるエラスチン、
そして良質なたんぱく質を魚や卵などの食事によって補うことで、
初めて体内でコラーゲンとして生成され維持されるようになるのです。

そういった意味で、美肌効果のためにはコラーゲンのサプリメントや
ドリンクだけでは不十分であるといえます。

コラーゲンは摂取した方が美肌にはいいが

少し矛盾しますが、コラーゲンは摂らないよりは絶対に摂ったほうがいいです。
肌以外にも利用されるとはいえ肌にも利用されるので
アンチエイジングも期待できます。

ただし、コラーゲンを摂っているから美肌になれるわけではありません。コラーゲンの力で美肌に近づきますが、他の対策を怠ると意味がありません。たとえば、紫外線対策をしていないなど肌トラブルの原因を他で作ってしまってはコラーゲンを摂っても・・・意味ありませんね。

もしもキレイな肌を保ったり、美肌を目指すならコラーゲンも必要ですが、肌に良くない事はなるべくしないように対策をとる必要があります。

COPYRIGHT© 2013 コラーゲンとは?美肌効果との関係 ALL RIGHTS RESERVED.