化粧品や食事で摂るコラーゲン

コラーゲンとは?美肌効果との関係
>
コラーゲンは食事や化粧品よりもサプリで

コラーゲンは食事や化粧品よりもサプリで

レストランのメニューを考えるフードコーディネーターの方によると、
コラーゲンを含んだ美肌メニューを取り入れると
女性のお客さんが倍増するのだとか。
それだけコラーゲンの美肌効果が期待されているということですが、
食事から摂るコラーゲンはどれだけ効果があるのでしょうか。
また、最近は化粧品でもコラーゲンを配合したものが多くなっています。
ここで食事や化粧品に含まれるコラーゲンについて考えてみたいと思います。

コラーゲンを含んだ食材

コラーゲンを含んだ食材といえば、軟骨、鳥の皮、フカヒレ、豚足、
すっぽんなどが挙げられます。
これらの食材に含まれるコラーゲンは分子が大きく、
摂取しても体内でアミノ酸に分解されてしまいます。
そのためコラーゲンとして吸収されるのはごくわずかです。
よく、すっぽんや豚足を食べた翌日に肌がツルツルになる!という人がいますが、
残念ながらこれは思い込みのようです。私たちの肌の細胞は真皮層で細胞がつくられ、表皮まで押し上げられるのに何日もかかっています。
食べた成分が翌日、肌の表皮に影響を与えるということあり得ないです。

また、コラーゲンを含む食材は高価だったり、カロリーが高かったりして、
毎日食べるのは難しいものも多いですよね。
豚足や軟骨も毎日食べていては明らかにカロリーオーバーです。

美肌メニューに効果はないのか?

では美肌メニューはまったく効果がないのでしょうか。
ストレスが肌によくないのと同様、精神的に

「肌にいいことをしている」
「おいしい!」


と感じることは肌にとって悪いことではないはずです。
コラーゲンを摂取しようとして、偏った食事をしていては意味がありませんが、
美肌メニューとして女性同士で楽しんで食べるのは、
長い目でみれば肌にいい影響を与えてくれるといえるでしょう。

化粧品に含まれるコラーゲン

化粧品に含まれるコラーゲンは肌の真皮層まで浸透することはできません。
したがって、化粧品で肌のコラーゲンを増やすことは不可能なのです。
ただし、化粧品のコラーゲンは肌の表面にある表皮層に浸透し、
角質にうるおいを与えて、肌を保湿してくれる効果は認められています。
紫外線ケアと同様、保湿はアンチエイジングのための重要なケアのひとつです。
保湿ケアとしてコラーゲン配合の化粧品を使ってみてもいいでしょう。

加齢とともに減っていく体内のコラーゲンを補うためには
食事や化粧品よりもやはりコラーゲンサプリメントコラーゲンドリンク
摂ることが大切です。
コラーゲンサプリには動物性コラーゲン、海洋性コラーゲンの二種類があります。
またタブレットやドリンク、粉末などいろいろなタイプがあります。
体質やライフスタイルにあったコラーゲンを選んで効率的にキレイになりましょう。

COPYRIGHT© 2013 コラーゲンとは?美肌効果との関係 ALL RIGHTS RESERVED.